スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています


    • 2011.05.14 Saturday
    • -
    • -
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    股関節が柔らかくなるストレッチ

    0
      股関節が柔らかくなると、怪我を防ぐことができたり、股関節痛の予防になるはずです。

      それでは、股関節を柔らかくして可働域を広げる為には、どういったストレッチをすればいいのでしょう。

      この股関節の可働域を広げるためのストレッチには、 ・あぐらをかいて両方の足の裏を合わせ、無理に開き過ぎないよう徐々に両手に重点をおいて膝を下へ押す。

      ・あぐらをかいて両方の足の裏を合わせ、足を持ったまま、上体を前にのんびりと倒して15秒間キープする。

      ・つま先と膝をできるだけ外側に開いて立って、そのまま前屈みにならないように真下に腰をおとす。

      ・仰向けに寝て両手で膝を抱きかかえるようにして、股関節が円を描くように出来るだけ大きく膝を内側と外側に回す。

      などがあります。

      どのストレッチも無理をしないで、気持ちが良い痛さのところで止めるようにすることが大事ですよ。

      なるべく体が柔らかくなっている風呂上りに行えば、より効果的なのです。

      ℃ -----


      股関節の可動域を拡げる

      0
        股関節の可動域は、広げるべく、ストレッチを行うとすぐに柔らかくなると言う物ではありません。

        時間をかけて、のんびりとやる事がすごく大切ですから、毎日きちんと継続する事を意識するようにして下さい。

        また、股関節が痛んでストレッチが出来ないような人は、水中を歩くだけでも効果を得ることができます。

        水の中では股関節への負担が少なくなりますので、それだけ自由に体を動かす事が出来るはずです。

        ちょっとでも股関節をやわらかくして、痛みを軽減するようにしましょう -----


        肩甲骨が柔らかくなるストレッチ

        0
          肩甲骨が柔らかくなったら、肩凝りの解消になるものですし、四十肩の予防にもなります。

          肩甲骨を柔らかくすることで可働域を広げる為のストレッチをする前に、まず、肩甲骨がどのあたりの骨であるのか、しっかりとイメージしてみて下さい。

          肩甲骨は、肩の下あたりに出っ張っている骨で、別名「天使の羽」ともいわれているのです。

          ここの可働域の広い・狭いは、背中で両手を組めるか組めないかで気軽にチェックすることが出来るでしょう。

          右手を上から、左手を下から背中に回して手を組めるでしょうか?手を組めるのだったら、自分の肩甲骨の可働域は広いと言う事になります。

          もし、片方だけの手が組めると言った場合には、バランスが悪いということでしょう。

          どちらの手も組めるように、肩甲骨を柔らかくする事で可働域を広げて下さい。

          -----


          肩甲骨の可働域を拡げるストレッチ

          0
            肩甲骨の可働域を広くするためのストレッチには、 ・頭の後ろで手を組んで、肩甲骨を広げるように意識しつつ背中を丸めて両肘を付けて、次に肩甲骨を近づけるように意識しつつ胸を張る。

            ・肘を曲げてしまわないように後ろで手を組んで、胸を張る。

            ・フェイスタオルの端を両手で持って、肘を曲げてしまわないようにしながら体の後ろを上から下まで通す。

            等があります。

            ちなみに、一流と呼ばれるようなスポーツ選手の多くは、肩甲骨がすごく柔らかいのです。

            特に、ゴルフは肩甲骨の可動域が広がっている事が重要で、石川遼くんの肩甲骨の柔らかさは一時話題になった程ですよね。

            肩甲骨が柔らかくなると、猫背の改善にも効果的でしょうので、ぜひ試してみて下さい・ -----


            ストレッチに使う器具

            0
              ストレッチに使う器具なんてきいたら、ちょっと大袈裟な機械を想像される方もいますね。

              けれど、具体的には夜中のテレビショッピングなどで紹介している健康グッズのような物だと考えて下さい。

              もちろん、基本的な筋肉を伸ばすとか、筋肉をほぐすといったストレッチは、器具を使用しなくても充分にできます。

              ただ、器具を活用してストレッチを行うと、充分には伸ばしづらい箇所やより深い箇所まで効果的に伸ばす事が出来ますよ。

              たとえば、以前有名になった「ぶらさがり健康器」。

              これは、ぶらさがるだけで腕や肩、そして、背中の筋肉を気持ち良く充分に伸ばしてくれる器具だったものです。

              また、肩凝りには首のストレッチが効果的なのですが、通常のストレッチでは首をまわすことぐらいしか出来ません。

              こんな時には、首筋用の補正ストレッチ器具を活用する事で、ムリなく首の筋肉を伸ばしてあげる事が可能なのです。

              -----


              ストレッチで気をつけること

              0
                ストレッチは健康的な身体を作る為にかなりの効果があるのですが、そのやり方が間違っている場合、予想できない危険を伴う事もありますね。

                そこで、ストレッチを行う上での注意点についてご紹介していきたいと思います。

                まず、ストレッチは、体の勢いや反動を使って行う「動的ストレッチ」と、反動使わずにのんびりと行う「静的ストレッチ」に分けることができます。

                動的ストレッチを行うと、勢いや反動が大き過ぎてしまうと思わない力がかかってしまって、怪我に繋がる危険性があるのです。

                特に、アキレス腱を伸ばすストレッチ等をする際には、反動を付けすぎないようにする事が大切ですね。

                また、静的ストレッチの際にも、無理に伸ばし過ぎることは絶対にダメです。

                ストレッチの目的は、あくまでも緊張を緩めて筋肉を伸ばす事にありますね。

                「ちょっと痛いけれど気持ちいい」くらいで十分に効果があるので、柔軟性を高めようとする時には段々と体を慣らしていくようにして下さい。

                -----


                ストレッチの効用

                0
                  ストレッチというと、運動を行う前の準備のための体操や運動を行った後の筋肉のクールダウンのための軽めの運動のようなイメージをお持ちの方がおおいですね。

                  けれど、実は、ストレッチは単なる準備の為の運動やクールダウンだけでなく、さまざまな効果が期待出来る運動なのです。

                  それでは、ストレッチの効果について御紹介していきます。

                  まず、ストレッチとしては、関節の可動稼動域を広くして、柔軟性を高めるという効果があります。

                  身体の柔軟性が低くなってしまうと、腰や関節の痛み、肩コリ等の色々な問題を引き起こしてしまう可能性が出てくるでしょう。

                  毎日を快適に過ごすことが出来るようにするためにも、柔軟性を保ち続ける事はとても重要な事と思っております。

                  また、ストレッチをする事で筋肉が伸ばされ、血液の循環も良くなるでしょう。

                  酸素や栄養素を運ぶ大切な役目を担う血液の循環が良くなると言う事は、疲れてしまった身体の疲労を回復するのにも一役買ってくれるということなんです。

                  -----


                  ストレッチの呼吸法

                  0
                    ストレッチをしている時は、呼吸も大切になります。

                    息を止めた状態で行うと無駄な力が入ってしまうため、ストレッチを行う場合息を吐きながらリラックスした状態で行うようにしてください。

                    ストレッチは、一日くらい行ったとしても、即効性が出てくる物ではないのです。

                    どこの方向に、どの筋肉が伸びているのかをちゃんと意識しながら、毎日続けて、少しずつ柔軟でしなやかな体ができ上がっていくことを記憶しておいてください・ -----


                    ストレッチのリラックス効果

                    0
                      なんとなくイライラする時にも、ストレッチをする事によって、感覚刺激が中枢神経に伝えられて副交感神経が優位となって、リラックスした状態になる事が出来るでしょう。

                      ストレスを感じた時は、ゆったりとしたストレッチをしてみると良いでしょう。

                      当たり前ですが、広く知られているように、運動前のストレッチは怪我の予防に、運動をした後のストレッチは疲労してしまった筋肉の炎症を防止するのに効果が期待できます。

                      正しいやり方でストレッチを行う場合、美容や健康にも役立つ為、積極的にストレッチを足を運んでみましょう・ -----


                      ストレッチで器具を賢く使う

                      0
                        このように、普通のストレッチではなかなか思うように伸ばす事ができない箇所も、器具を活用する事ですっきりとほぐす事ができるようになるはずです。

                        けれど、ストレッチ器具だけに頼りすぎてはかたよったストレッチになる可能性もありますから、最初は一般的なストレッチを行って、その後の補助ストレッチといった形で、器具をとりいれたストレッチを行えばいいかもしれません。

                        近頃では、多様なストレッチ器具が出ていますので、自分の体の状態に合った物を選ぶようにしましょうね・ -----